第2世代の避妊薬で生理周期を整える

第2世代の避妊薬で生理周期を整える

経口避妊薬には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれています。
黄体ホルモンによって妊娠しているようなホルモン状態になり、排卵を抑制して避妊効果が得られます。
卵胞ホルモンは、黄体ホルモンの働きを強くする作用があり、卵胞ホルモンが多いほど黄体ホルモンの作用が強くなり、排卵抑制効果と子宮内膜の維持効果が働きます。
副作用の多くが卵胞ホルモンによって引き起こされたことから、卵胞ホルモンを50㎍未満に減らした低用量ピルが開発されました。
第1世代の低用量ピルでは、卵胞ホルモンを減らして黄体ホルモンを増やしました。
第2世代の低用量ピルは、黄体ホルモンを増やさずに済むように、新しい黄体ホルモン剤を使用しています。
低用量の卵胞ホルモンで効き目のある避妊薬ですが、使用されている黄体ホルモン剤がアンドロゲン作用(ニキビ、多毛症など)を引き起こすことが分かりました。
このため、黄体ホルモンの量を段階的に変化させる2相、3相ピルにして、対応しています。
2相性ピルでは、後半の黄体ホルモンの量が前半の2倍になり、自然のホルモン変化に近いとされています。
3相性ピルは、変化の仕方が製品によって異なり、卵胞ホルモン量が一定で黄体ホルモン量が徐々に増加させるタイプ、第2相で卵胞ホルモンを第3相で黄体ホルモンを増量させるタイプ、第2相では増量、第3相では減量するタイプなどがあります。
休薬期間に早く生理を起こしたい場合には、最後のタイプを使うなど、避妊薬の種類によって、自分に合った生理周期にすることができます。
避妊薬には、このように避妊効果以外にも、生理不順や生理痛を改善する働きもあります。
避妊薬を入手するには、婦人科を受診して処方してもらいましょう。