避妊薬でPMSを改善

お腹を押さえる女性

女性には毎月生理という習慣がありますが、この生理に伴う症状には非常に個人差があるといわれており、日常生活にも支障をきたすほど不具合が生じてしまうという方も少なくありません。
これはなにも生理中に限ったことではなく、生理前の三日から十日の間に、身体や精神状態が著しく不調になってしまう方も多く、月経前症候群、通称pmsと呼ばれています。
このpmsの主な症状としては、身体症状として、むくみや腹部の膨満感、胸が張って痛みを伴ったり、異常なほどの眠気に襲われてしまう方、だるくて仕方がないなど様々で、いくつかが併用して現れる方も多いようです。
その他、頭痛、腰痛、腹痛などや食欲不振、めまいなども挙げられます。
また精神的な不調としては、睡眠障害やいらいら、涙が止まらなくなるなど感情の起伏が激しくなる方もおり、自分で自分の感情をコントロールできずに周囲の理解も得られないと、鬱のような深刻な症状に陥ってしまう方もいるようです。
こういった不調は非常に辛いもので、生理が始まれば自然に消えてなくなるとはいえ、毎月のことなので、何とか改善させたいと考えている方も少なくありません。
そういった時の最適なのが、避妊薬である低用量ピルで、最近ではこのピルを、避妊薬としてではなく、生理による様々な不具合の改善治療に用いる婦人科医も増えています。
避妊薬には女性ホルモンが含まれており、バランス配合が初めから整えられているので、服用するようになると、乱れがちなボルモンバランスが整えられるようになり、快適な毎日が送れるようになることがわかっています。
女性の身体と心は、ホルモンバランスによって過敏に影響され、崩れてしまうことも多いので、避妊薬は女性に取って、非常に素晴らしい効能が期待できる医薬品なのです。