避妊薬の短期間の使用と目的

薬を持つ手

性行為を行うと妊娠の可能性がありますが、まだ妊娠を望んでいないという場合は、避妊をしっかり行うことが大事です。
まず基礎体温もきちんとつけておき、排卵日なども確認しておきたいですが、危険日を避けるだけでは十分ではありませんので、避妊具も使うとより効果的です。
避妊具を利用するとかなり避妊の確率はあがることとなりますが、それだけではまだ十分とは言えません。
避妊具も時には損傷してしまうこともありますし、男性が装着することを拒否してしまう場合もあります。
より確実に避妊を行うのであれば避妊薬の利用も考えてみましょう。これは決められた通りに飲むことで避妊をより確実にする薬です。
飲み忘れたり、間違った飲み方をすると良い効果を得られなくなってしまいますので、避妊薬の飲み方はよく理解しておくことが大切です。
避妊薬は長期に服用する人も多いですが、短期間で利用することを目的としている人もあり、遠距離恋愛の恋人と久しぶりに会う場合や恋人との旅行に行くときなどに利用する場合もあります。
さらに結婚を控えている場合も正式に結婚するまで妊娠を待つ目的でも利用することがあります。
避妊薬は妊娠を防ぐのに役立つことはもちろんですが、生理の周期を整えたり、生理通を抑えるという意味でも利用している人もあります。
避妊薬は毎日飲むことで妊娠を防ぐ薬がよく利用されていますが、それでも飲み忘れなどで避妊に失敗してしまう人も少なくありません。
そういった場合は緊急避妊薬という薬もあり、性行為後に早めに飲むことで妊娠を防ぐことができます。この薬の場合は早く飲まないと良い効果を得ることができませんので、できるだけ早く医療機関に相談を行いましょう。