避妊薬の避妊以外の効果とは?

手を掲げる女性の医師

低用量ピルなどの避妊薬は、ほぼ100%避妊に成功するとして服用している女性が多いです。
さらに避妊薬には女性に嬉しい効果があります。
避妊薬を飲むと卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類が増えることで、排卵が抑制されて受精や妊娠を防ぎます。
よって月経周期が正常の28日になって生理不順が改善されます。
事前にコントロールできれば、旅行先で不便な思いをすることがありません。
これまでひどい生理痛を感じていても、出血量が少なくなるので症状が軽減されます。
女性ホルモンのバランスが整うことで、生理前のイライラや体調不良といったPMSも軽減されます。
女性ホルモンが補充されれば、更年期障害も緩和されるので、婦人科では積極的に服用を勧める場合があります。
生理痛がひどくなったという女性が患っている可能性の高い子宮内膜症も、避妊薬を使って治療や予防できます。
子宮内膜症の原因はまだはっきりと分かっていませんが、症状が軽ければ手術をしなくても治せる病気です。
子宮内膜症は女性ホルモンの影響を受けて増殖するので、避妊薬で妊娠状態だと錯覚させることで、症状の進行を防ぎます。
さらに避妊薬には美容効果もあります。
男性ホルモン作用が弱い避妊薬は、ニキビの原因である皮脂の過剰摂取を抑制するので、肌トラブルを改善できます。
以前は服用し続けるとがんになりやすいと言われていましたが、現在では卵巣がんや子宮体がんのリスクを減らすことが判明しています。
子宮内に精子の他にウイルスや細菌が侵入するのを防ぐので、不妊の病気につながる病気にかかりにくいです。
妊娠したくなったら避妊薬の服用を止めれば排卵がストップするので、妊娠可能な体になります。