鎮痛剤より避妊薬で月経痛をコントロール

お腹を押さえる女性

女性には初潮を迎えてからは、毎月生理という習慣があり、この生理に伴う様々な不具合にも対応していかなければなりません。
一口に生理といっても非常に個人差があり、親子、姉妹であっても全く違うということも珍しくはありません。
周期も違えば生理が続く期間にも差があり、出血量や生理痛の有無、加えて生理前の心身に現われる不具合にも大きな差があるといわれています。
生理期間中であっても、普段と何ら変わらず過ごせる幸せな方もいれば、生理になると寝込んでしまうほど症状が重い方も少なくありません。
あまりの痛みに鎮痛剤が欠かせないという方もおり、頻繁に服用することによる身体へのリスクをわかっていながらも、鎮痛剤を飲まずには仕事も学業もままならないという、かわいそうな体質の方も多いといわれています。
そこでお勧めなのが、避妊薬を使ってこのような不具合を改善する方法で、今、婦人科でも主流となっている低用量ピルは、副作用のリスクも少なく、安全に服用できる素晴らしい医薬品だといわれています。
避妊薬には女性ホルモンが含まれており、日常的に服用することによってホルモンバランスを整えることができるので、生理に伴う様々な問題を改善できることがわかっています。
生理前の感情の起伏も、ホルモンの影響に起因しているといわれており、避妊薬を服用するようになって、生理前でもイライラすることなく、落ちついて過ごすことができるようになったという女性も多いです。
また低用量ピルを服用するようになると、経血量がぐっと減少するので必然的に生理痛がかなり緩和され、鎮痛剤を飲まなくても乗り切れるようになるという方が多く、子宮内膜症や筋腫に悩む方にも最適だといわれています。